Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)

出典: google.com
価格 14,800円
販売者 Catch the Web Asia Sdn Bhd
発売日 2016年08月31日
商品区分
  • ダウンロード
公式サイトを見る
Catch the Webグループが10年間で50億円を売り上げられたコピーライティングの秘密を公開します。
本質的なコピーライティングの考え方やコンセプトの作り方からテクニックまで、4時間の動画講座でかなりしっかりとコピーライティングについて学べます。

この教材の撮影をしたコピーライティングのセミナーは定員の80名に5時間でキャンセル待ちを含め200名以上の応募がありました。そのコピーライティングの教材をオンライン動画講座として提供します。
Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

Catch the Writingの前書き

Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)は2016年に販売されたコピーライティングの教材です。コピーライティングは教材は販売ページを見るとやはり、購買意欲が掻き立てられるのはコピーライティングのテクニックなのでしょうか。

教材購入をおすすめしたい対象者

  • コピーライティング初心者
  • 中級者以上で体系的にコピーライティングを定着させたい方
  • モチベーションを高めたい方

まず、初心者は買って損は無いでしょう。価格帯としても1万円台としては見合っています。中級者以上でも、マインドセットやコピーライティングの細かいテクニックを体系的に定着させたい方は購入しても満足は出来るレベルの教材だと思います。

そして、テクニカル以外のコピーを書くマインドについても触れられていて、横山氏が動画内にて度々マインドセットに対する話をしているので、モチベーションややる気が湧いてきます。

彼自身も10年近く会社を経営しているため、コピーライティングは勿論やはり経営者として勉強になる事は少なからずありました。

Catch the Writingの商品内容について

教材の内容

  • 基本動画
    1.  はじめに
    2.  マインド編1
    3.  マインド編2
    4.  コンセプト編
    5.  ライティング編
  • 特典
    1.  特典1(50億円売った結果が出るインターネット集客法)
    2.  特典2(ビジネスで成功して理想のライフスタイルを実現する方法)
    3.  特典3(50億円を売り上げたメールライティング)
    4.  特典4(人間の本能を利用して心を動かすストーリーテリング4つの型)
    5.  特典5(相手が納得する問題解決の伝え方)
    6.  特典6(コピーライティングで使える心理学6つ)
    7.  特典7(Catch the Web Asiaの案件をご紹介)

商材はオンラインの動画とそれに対する資料です。会員サイトへログインをして見るという内容になっています。この形式はどのデバイスからでも楽に見る事が出来るので何度も見るのに適しています。

Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)

会員サイト自体も、章ごとに分かれていてとてもわかりやすいです。コピーライティングにしても他のノウハウにしてもアウトプットは勿論の事、インプットも定着するため何回もする必要があります。その事を考えると、インプットにストレスは無いです。
本編以外にも特典もこのページから取得する事が可能です。

マインド編について

これは、マインドセットというよりコピーを書く上で必要なマインドセットという形で捉えて頂ければ良いでしょう。コピーを書くにもうわべだけのテクニカルな内容を知って実践しても中々結果が出なかったり、自分で満足いくコピーが書けないのはマインドの問題かもしれません。

Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)

また、モチベートしてくれる事もCatch the Writingの動画内で話されているので、コピーを書くモチベーションが無い方にとってはテクニカルな部分よりも効果があるかもしれないですね。

年収1,000万円~1億円のコピーライターというのは、電通や博報堂などのイメージコピーを書く人というよりは、どちらかと言うと今回のCatch the Writingで教えている”セールスコピー”を書く事が出来る人ですね。

イメージコピーも熟練したテクニックが必要ですが、物が売れない今の時代に求められているのはセールスコピーを書ける人でしょう。
セールスコピーが上手く書ける人は職を失わないと思います。

コンセプト編について

マインドセットとコンセプトはわかると思いますが、コンセプトって何?と思いましたが、ここで言うコンセプトとは”ライティングのためのリサーチ”の事です。

コピーライティングは、いかに上手なセールスコピーを書ける人でも、新しい分野の事をリサーチしなければ反応が取れるコピーを書く事が出来ません。ここでは、Catch the Webでこれまで行ってきたリサーチ方法を順序立てて説明しています。

Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)

ライティングについてのテクニカルな技法を知っているけど、結果が出ない人は恐らくこのリサーチ編を良く見た方が良いですね。
リサーチに時間がかかっている人も時間効率を上げるために参考になるでしょう。

ライティング編について

お待ちかね最終章のライティング編ですね。

Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)

内容自体は良いですが、最低2,3回ぐらいは見た方が良いですね。コピーライティングはノウハウを理解するよりも自分で書く事が出来るように定着する事が大事です。

Catch the Writingの評価

Catch the Writingで身につく事

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.